トップページ>頭髪のお悩み 育毛・発毛(AGA)

頭髪のお悩み もうコソコソしない。

育毛・発毛(AGA)

HERG療法(注入)

毛乳頭や毛包に、失われた成長因子を補充する事により細胞レベルの再生を促し、毛幹を再生成長させ、血流も促進させることができます


HARG療法で注入を行なう成分は、ビタミンHやB,アミノ酸などの髪の成長に必要な成分と、細胞を刺激し、細胞分裂を促進するという役割を持つ『成長因子』に分かれ、症状の軽い方に対してはこの内の前者、髪の成長に必要な成分だけを注入する育毛メソセラピーという治療を行なう事もあります。
成長因子には様々な種類が存在し、人の体の中で様々な役割を担っています。その成長因子の中でもHARG療法において特に重要な役割を持つのが『KGF』とよばれるもので、毛髪を構成するタンパク質の一種である、ケラチンを作り出す毛母細胞を直接刺激する働きを持つものです。
毛乳頭や毛包に「失われた成長因子を補充する事により細胞レベルの再生を促し、毛幹を再生成長させ、血流も促進させる」作用機序を持ち、プロペシア・ミノキシジルなどの併用にて検証された治療をHARG療法と総称されます。(HARGカクテル単独検証も実施済み)

●初回~2回目以降:¥73,500~


プロペシア

プロペシアを内服されたAGA(男性型脱毛症)の方の実に98%にAGAの進行がなかったことが、3年間に及ぶプロペシアの国内長期投与調査で認められました。
米国医薬品メーカー、メルク社が開発した世界初の飲む育毛剤。男性型脱毛症の治療薬として有効性と安全性が認められたはじめての医療用医薬品です。
FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で1998年1月21日より処方が開始されました。AGAの治療方法として世界で唯一、医学的な効果が証明されている成分「フィナステリド」を錠剤にしたのが万有製薬の「プロペシア」というAGA治療薬です。「プロペシア」のおかげでAGA治療が手軽にできるようになりました。

28錠:9,450円

手術時間:1日1錠内服
通院回数:無し


ミノキシジル

厚生労働省の認可もおり、日本でも様々な育毛剤、 発毛剤の主成分として活用されています。
ミノキシジル注射は適応の範囲に薬を直接注入するので浸透率が高く、もっとも効率よく効果を得られる治療法です。治療は、大変細い針を用いて頭皮の気になる部分全体にまんべんなく注射します。ヘアサイクルの関係から、3~6ヶ月程度で効果を実感される方が多いようです。
同じミノキシジルでも内服薬の場合、全身の毛根に分散されてしまうので効果が半減してしまいます。また、頭皮に塗るローションタイプの薬では、塗布するだけでは流れてしまうのであまり効率的ではありません。

注射:31,500円
外用剤(4週間):10,500円

手術時間:約30分
通院回数:3、4週間(6ヵ月以上継続をおすすめ)